実習紹介

実習紹介

様々な調理方法

食材の基本的な扱いをはじめ、煮る、炒める、和える、蒸すなどの様々な調理方法を学び、
和、洋、中をはじめ世界各国の料理方法を実習。和菓子やケーキなどのデザートづくりにもチャレンジします。

ページのトップへ戻る

実習の流れ

  • 1.あいさつ

    あいさつ(イメージ)

    調理師は礼儀と身だしなみが大切。
    調理師専門学校の1日はあいさつからはじまります。身だしなみのチェックや実習の流れなどをクラス全員で確認します。

  • 2.デモンストレーション

    デモンストレーション(イメージ)

    プロの技は見て学ぶ。実習を始める前には先生が手本として、説明しながら実演をします。料理は基礎が大事、正しい調理法をしっかり自分のものにしましょう。

  • 3.実習

    実習(イメージ)

    見て学んだことは、実際にやってみるのが上達への道。週3〜4回の実習では実際に調理し、手と身体で覚えていきます。

  • 4.試食

    試食(イメージ)

    自分で調理した料理を食べるのも勉強のひとつ。仲間とディスカッションしながら試食をすることで、客観的な目線や料理に対する視野を広げていきます。

  • 5.清掃

    清掃(イメージ)

    調理師は、清潔さが大切。常に衣服や身じまいに気を付け、全員で教室や実習室の清掃をします。

  • 6.反省会

    反省会(イメージ)

    反省は成長への近道。その日の反省点を話し合い、改善策を見つけることで、次のステップにつなげます。

ページのトップへ戻る