学校案内

調理師になりたい!その夢をかなえてくれる先生がいる。学校がある。
厳しいけれど充実した授業の先にはプロになった自分の姿が見えるはず。
秋田県調理師専門学校は卒業と同時に調理師の免許が取れるカリキュラムで
一人ひとりの生徒が、確かな技術と専門的な知識を身につけられるように丁寧に指導します。

生花
学校法人大内学園理事長・学校長 大内 宥子 しっかりした基礎が美しい花を咲かす

美しい花を咲かすには、健全で立派な根を育てなければなりません。それは、音楽家がすべての人を魅了する美しいリズムを生み出すには、芸術家としての基礎的な教育と努力を積み重ねることにより、独自の感覚や表現の技巧などの要素が盛り込まれ、生まれてくる事と同じでしょう。衣・食・住の日常生活の中、最も大きな比重を占める食生活は、調理師としての大きな担当部門でありますが、実際に10年、20年の経験があっても栄養学・食品学・衛生学等の基礎を身につけていなければ立派な調理師として社会では認めてくれません。高度な調理技術、基礎知識学の指導とあわせて人間の生命をあずかる立派な人物を養成すべく教育しております。

沿革

昭和38年4月
A.C.S 秋田クッキングスクール創設
昭和47年4月
秋田県調理師専門学校開校
昭和48年4月
厚生労働大臣指定校として認可
昭和54年4月
学校教育法により私立専修学校
(専門課程・高等課程)認可
昭和55年4月
講堂増設
平成6年3月
調理実習教室全面改装
厨房器械新機種導入
平成7年4月
4階教室増設
平成8年12月
学校法人 大内学園へ認可
平成13年1月
集団調理実習室改装
平成14年7月
学校校舎一部改修(玄関等)5階教室増設
平成19年5月
学校校舎外観および全窓全面改装
沿革

ページのトップへ戻る